So-net無料ブログ作成
検索選択

その後のベランダガーデニング [おうちの食卓]

先日 花ズッキーニを食べましたという記事を書きました。
この他にも、水ナス、トマトを栽培しているのですが、そろそろ収穫の時期となりました。水ナスはアブラムシにやられて実がなる前にさようならになりました。

トマトはわしゃわしゃと葉っぱが茂り、実もなってきています。
青い実が赤くなるころに お尻の方が硬く変形する尻腐れというものになりまして、ほとんどがそれ。カルシウム不足が原因だと聞いていたので、カルシウムを与えてみたりしたのだけど、よっぽど足りなかったのか どれもこれもダメ。
赤くなったものを刈り取ってみると、上から見ると「おっ、美味しそうなトマトができたじゃないか」という感じなのに横や下から見ると とっても残念な風景。
世の中の農家さんは本当に偉いのだと実感する。

それでも、できたものは食べたいと 下半分を切り落とし、上半分を料理にしましょう。今回のトマトは凛々子という調理用のトマト。
この為、細かく切ってトマトソースを作ります。

<焼きナスのトマトソース掛け>
トマトソースの作り方
生トマト カップ1
玉ねぎ氷 2個
トマトを大豆くらいの大きさにカットする。
トマトにオリーブオイル 玉ねぎ氷2個、なければ玉ねぎのみじん切りを軽く炒めたものを加えて小さなフライパンで炒める。
トマトと玉ねぎがしんなりし、水分が飛んできたら塩コショウで味を調整する。

焼きナス
フライパンにオリーブオイルを多めに注ぎ、ブロックに切り分けた茄子を焼く。
この日はコンロが他の料理でふさがったので、小さな鉄製のフライパンに入れて魚焼きグリルに投入。手間なし簡単。

焼きあがった茄子にトマトソースを付けていただきます!
トマトソースはバゲットに付けて食べてもGood!

上半分しか使えなかったトマトだけど、食べてみると酸味もしっかりしてなかなか美味。自分で作った野菜というのはまた格別でした。

それにしても、店頭で売っている商品のクオリティの高さとその値段の安さには 本当に農家さんの技術とご苦労に頭が下がる思いなのでした。

<この日の食卓>
鴨のパテ
焼きナスのトマトソース掛け
オリーブマーケットのオリーブ イントス
パプリカのピクルス
コリンキーとフルーツにんじんのサラダ パッションフルーツドレッシング
アメリカ産牛のステーキ ほんの一口
ドンクのバゲット
赤ワイン
チーズ

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。