So-net無料ブログ作成

グリル青山農場(せいざんファーム) [ちょっと遠くの食卓(道内の飲食店)]

道央小旅行 その1

週末を利用して 家族3人で富良野方面に小旅行に行ってきました。

初日のランチは青山農場にしようと思っていた。
ここは石釜で焼くピッツァとパスタのお店。
ちょっと駐車場が広めの一般住宅といった雰囲気のお店に入っていくと 石釜を中心としたオープンキッチン。お店は広々としている。
自家製ベーコンが美味しいというお話だったので、それをメニューに組み込もう。

越冬メークインのチーズ石釜焼きは 下ゆでしたメークインを輪切りにして チーズをかけてお皿のまま石釜で焼いたもの。
青山農場.jpg
そこに石釜があり、温度も上がっているのでこういった料理は手早くできる一品。
ベイクドポテトはよく食べるけれど、いつも男爵などのほくほくとするジャガイモを使っていた。ここでは この土地が産地のメークインを使っている。
しっとりとした食感のお芋と 暖かくてびょーんと伸びるチーズはなかなかいい相性。ベイクドポテトはこんなメークインの方が向いていたのだなぁと思う程。
これは自宅に帰っても作ってみたくなる。もちろん、我が家には石釜は無いので ガス火か電気の火になるのだけどね。

ピッツァは自家製ベーコンのピッツァ。
当日こねた生地を使っているということなので、熟成は無し。やや厚めの生地は 表面がパリッとしていて内側はもっちり。石釜特有の焦げがちゃんとついていて 特に外側のぱりっが気持ち良い。もっちりしている分 ややボリュームがある。
ベーコンはよく売られているベーコンよりも 色が落ち着いていて 無着色ベーコンの色味。そして、通常のスライスベーコンの2倍から3倍の厚みで 食べごたえがある。ちゃんとベーコンを食べた時の充実感がある。
自家製ならではの 薫香がしっかりついたベーコン。厚いのでかじると肉汁がじゅっと出てくるのが美味しい。
熱いうちに食べたくて あっという間に平らげる。

もう一つはラザニア。
ちょっと小さめの耐熱皿がぐつぐつ言いながら登場。
ここのラザニアは ソースたっぷり、パスタ少な目。トマトソースの層、ホワイトソースの層が1層づつ。何層にも重なっているのではなく、たっぷりのソースを楽しむといった雰囲気。その分 パスタはやや厚めでもちっとした食感。
そうか 我が家ではクリームとパスタを5,6層くらいにするので、パスタが多いできあがり。ソースをサンドしたパスタといった感じなので全く違った雰囲気。
ぽってりとしたソースが主体のこんなラザニアもいいね。

こんなピッツァと一緒にワインを飲むとよさそうなのだけど、今日はドライブの途中。
残念ながらノンアルコールビールで我慢。
とはいっても、このお店は 日中しか営業していないのでご注意ください。


<この日 青山農場でいただいたもの>
越冬メークインのチーズ石釜焼き
自家製ベーコンのピッツァ
手打ちパスタのラザニア

グリル青山農場
北海道空知郡南富良野町字幾寅  
0167-52-3339
11:00~14:30L.O.
月曜休み (月曜日が祝日の場合は翌火曜日が休み)
但し、強風の場合は石釜が使えないので臨時休業


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。