So-net無料ブログ作成
検索選択

オーベルジュ エルバステラの夕食 [旅のお話]

道央小旅行 その4

さてさて、レストランに降りて食事にしましょう。
ここでは 食事の時間は3組とも同時スタートで18:30~と決まっている。そこから時間をかけて料理をいただく。

アミューズはカクテルグラスに入ったムース。
カリフラワーの白の上にパプリカの橙が重なって カリカリに焼いた薄焼きパンがアクセントになっている。
ぽってりとしたムースはパプリカそのものを食べるよりもパプリカっぽい。一口の中にパプリカをぎゅっと詰めたものが広がるからだろう。
これから野菜を沢山食べていただきますのでというお話に心躍る。

前菜は野菜をトマトのジュレでセルクルでまとめたもの。
エルバステラ夕食.jpg
透明のジュレがキラキラと光り、その中にカリフラワー、トマト、ロマネスコを小さくカットしたものが入り 宝石箱みたい。透明のジュレは強烈にトマトの香りと味がする。トマトというと 赤いものを想像してしまうけれど、トマトの味と香りがあの赤に由来するのではないのだろうな。トマトの中心部の種とその周りのちゅるんとしたところを なめらかにして食べている雰囲気。
野菜のゆで方もちょっと硬めで 歯ごたえを楽しめる。こりこり、ぽりぽりと野菜をかじるのもまたいいのだ。
私はこの前菜が一番印象的だった。

お魚料理はヒラメのスープ仕立て。
スープ仕立てといっても、スープはサラサラのソースといった位置づけ。貝などを使ってとったという透明のスープは非常に軽くて日本の出汁を思わせる。
お皿にそのスープを張った上に 皮目をぱりっとやきめを付けたヒラメを置いてある。塩が控えめで 野菜をはじめとする食材の味が立つところも和食っぽい。
オリーブオイルを使ってあったり、料理方法はイタリアンなのだけど、とても軽くできている。

食材は自家農園を中心に、近隣の農家さんの農作物を使っているという。新鮮な野菜がとっても素敵なおさらに仕上がっている。
全体に野菜たっぷり お肉やお魚は控えめで、料理はゆっくりと3時間ほどかけていただく。フルコースを食べ終わっても おなかがはち切れそうという程ではなく 我々にはちょうど良い量でした。


<この日のエルバステラの夕食>
アミューズ:パプリカとカリフラワーのムース
前菜:いろいろ野菜とトマトのジュレ
パスタ:手打ちパスタ
魚:ヒラメのスープ仕立て
肉:ふらの和牛イチボとお野菜
ドルチェ:フルーツエンドウのティラミスとアイス

エルバステラ
北海道中富良野町鹿討農場
0167-44-3671
チェックイン 16:00〜

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。