So-net無料ブログ作成
検索選択

梅屋の和三盆ロール [食卓の素(札幌圏の食材)]

すすきの飲んだ帰りに ケーキを買って帰ろうという気になった。
少々早い時間とはいえ、札幌駅に戻ると20時を過ぎるから すすきので探そうというわけで、ラフィラの地下にある梅屋へ。

梅屋と言えばシュークリームなのだけど、この日の気分はシュークリームよりももう一声と言う感じ。ショートケーキの横においてあった和三盆ロールが光っていた。よし、それにしよう。
梅屋.jpg
ロールケーキはショートケーキよりも持ち運びに気を使わなくて良い。この日は風が強かったので、帰り道に本当にロールケーキにしておいて良かったと思ったのだった。

さて、自宅に戻って家族3人で切り分ける。ちょうど半分を3人で分けると丁度良い感じ。
ちょいと濃い目の色がついたスポンジに白いクリームが映える。和三盆を使っているからこの色合いなのね。
食べてみると スポンジはふんわり クリームはしっかり。スポンジはしっとりとした甘み。和三盆の味だね。これに対して 真っ白なクリームはどっしりとしたもので その対比が面白い。
京番茶を入れて お茶とケーキというセットで楽しんだ。

ロールケーキって スポンジとクリームだけなのに、お店によって大きく味が異なる。それぞれの組み合わせの妙がある。それぞれが違う所が面白い。
この梅屋の和三盆ロールはお茶に合うロールケーキでした。

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

DEAN&DELUCA 豚のリエット [遠方の食卓の素(お取り寄せ)]

OisixでDEAN&DELUCAのポークリエットが出たので買ってみた。
DEAN&DELUCAは食のセレクトショップで、北海道には無い。少々お高いけれどおいしい物が揃っていると言うイメージで、私の中では紀伊国屋と同じカテゴリーにある。
関東に行った時に 友人宅へのお土産やパンを買ったりするけれど、生ものはあまり買ったことがなかったのだ。
ディーン&デルーカ.jpg
陶器製の白くて細長い器にリエット、表面は脂で蓋をしてある。
パッケージによると、代官山のフレンチレストラン「レザンファン ギャテ」と言うお店のものらしい。
ざくっとナイフを入れてすくってパンにつけてみる。
あら、なんだかとっても柔らかくて滑らか。豚の繊維が見えるものの、塗った感じも食べた感じもとっても滑らか。癖もなくて 上品で非常に食べやすい仕上がり。
分厚く塗っても 強すぎない味わい。これはうまい。

我が家で買うのといえば、丸井今井の地下にある荻野さんの豚のリエット。こちらの方が 肉が主張する。あのワイルドな感じもまたいいけれど、この上品な食感もいい。

なかなか美味しいからまた買ってねと言われたけれど、少々お高いのでそうそう買うわけにはいかないのだよ。また何かの機会にね。

<この日の夕食>
自家製ピクルス 胡瓜・大根・ホワイトアスパラ
イタリア展で買ったオリーブ イントス
DEAN&DELUCAのポークリエット
蒸し野菜 キャベツ・かぼちゃ・ニンジン・ベーコン
チーズ:ニュイ・ドール フランスウォッシュチーズ。塩分はやや薄めのプリンとした食感のウォッシュ。香りはしっかり。
ワイン:アルゼンチンの赤ワイン
パン:サンクビーのキャトルナッツ
マロングラッセ
nice!(4)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

今日はチャレンジデー [おうちの食卓]

今日はチャレンジデーだ!と言う日がある。
買い物に行けなかった日や、ちょいちょい残り物があるという日に、あり物や前日のリメイクで今日の夕食を乗り切ろうという日だ。
もちろん、日々の買い物は 今日冷蔵庫にあるものを思い浮かべて追加しつつ買って食材は無駄にしないと言うのは私の鉄則なのだけど、我が家では当番制で夕食を作る人が3人いるので ちょっと食材がだぶつく時もある。前日にあらかじめ献立などを立てて 材料を買っていたというわけでもなく、台所の食材総動員の日というのが私のチャレンジデー。

本日のお題は、キャベツ。肉・魚系は何もなかったので、缶詰に走るか、それとも…と言ったかんじ。冷蔵庫から賞味期限ぎりぎりのオリーブが発見されたので、イタリアン縛りで。うむ。
キャベツ.jpeg

そう言えば玉子があったと キャベツと卵でイタリアンオムレツ決定。玉ねぎ氷で時短して、プチトマトを少々入れよう。
サブは 先日胡瓜を大量買いしたときに作ったピクルスで。昨日作ったポテサラは量が少なめなので、ピクルスと一緒にお皿にちんまり盛りつけよう。
もちっと野菜が足りないなぁと思ったら、大根の根っこと葉っぱが少し残っていた。これでコンソメスープだな。

よしこれで 今日も買い物せずに夕食ができあがり。
これが2日続くとさらに難易度が上がって 燃えるんだよなぁ。今回は冷蔵庫もすっきりしてしまったので、ちょっとむりだけどね。
いざとなったら、乾燥野菜や冷凍野菜総動員で何とかしてしまうのもまたたのし。明日もやっちゃう?

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

ヴァーム顆粒 [モラタメ&レシピブログ]

今までいろんなヴァーム商品を試してきた私が今回モラったのは ヴァーム顆粒。
運動前に飲むヴァームの顆粒状の物。スティック状で 水がなくても飲めるタイプに仕上がっている。
ヴァーム.jpg
運動の20分くらい前に飲むといいというヴァーム。
自宅から直接運動をする場所に行く時はいいのだけど、仕事の帰りやその前に他の用事をすませてからスポーツクラブにいこうなんて考えている時に ヴァームを飲むのは結構大変。
既に飲める状態になっている缶タイプのものが一番良いのだろうけど、運動中に飲むヴァームウォーターなどももっているので 持ち物が多くて重い。
私がいつも買っていたのはパウダー状ののものを自分で水に溶かして飲むというもの。これだと 保管するのにもかさ張らないので良い。ただ、このタイプは出先で飲むにはちょっと大変。カップや混ぜる為の棒などが必要。空のペットボトルと一緒に持っていって、運動直前に水を加えてしゃかしゃか振って作ったりもしていた。

それが、この水無しでも飲めるパウダーだと万事解決。
スティック一つ持っていけば、出先でもすぐに飲めて タイミングよく摂取することができるのだ。
これはとっても嬉しい。
水なしで口の中に入れたときの味は いつものヴァームの少々濃い目の味なので、ちょっと気になるのだったらその後に 水を飲んでも良い。私はそのまま行けちゃいました。

運動する前にヴァームを飲むと、体温が上がるのが早くて 確かに汗をかきやすくなる。運動をしても効いてるって気がするところがモチベーションアップに向いている。
このタイプはこの後も買っちゃうなぁ。多分。


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

カトルフィーユのアマンドさくら [食卓の素(札幌圏の食材)]

週末のパンを買いにカトルフィーユへ。
夕食用のパンと一緒に翌日の朝食パンも買おうと思っていた。我が家では、夕食パンはバゲットなどのあまくなくてハード系のパン、朝食用は1人1個食べられるパンと言うスタイル。朝食用は甘い菓子パンやスコーンなどが多いかな。私はその時々で パンだったり 果物だったり。

この日カトルフィーユで見つけたのは アマンドさくらというパン。
アマンドサクラ.jpg
これは クロワッサンにアーモンドのフィリングをかけて焼いたアマンドをさくら風味にしたもの。クロワッサンの間にはさくら塩を使ったあんこがはさまれて 表面にはさくらの塩漬けとアーモンドのフィリング。焼き目がほんのりとピンクかかっている。
食べてみると、あんこにさとう塩が混ざっている事もありかなり濃い味。あんこにも塩漬けさくらが入っていて 食べている途中でも桜色が楽しめる。
朝食にはちょいと甘かったのだけど、札幌ではまだまだつぼみさえ付いていないさくらが咲いた時の美しさを思いながら食べるさくら味パンは なかなか良い物でした。

札幌のさくらは例年よりも少々遅く5月中旬近くになりそうだけど、その分さくらを思う時期が長くなった。この時期をもうちょっと楽しもうかな。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

凡の風 [近所の食卓(札幌圏の飲食店)]

週末はお天気が良かったので ちょいと車で出かけてみようかと 凡の風でラーメンを食べる事にする。出かけてみようと言う時に 食べる事が目的っていうのが 我々らしいでしょ。

今回私が頼んだのはつけ麺と小ライス。普通はラーメンにライスをつけない私だけど、ちょいと後でお楽しみがあるので ここではご飯もつける。
つけ麺は 温かいつけだれに麺をひたしてたべるのだけど、麺は温かい物と冷たいものの両方から選べる。この日はお天気とはいえ まだ肌寒いので温かい物をお願いする。

しばらくしてやってきたのは、ラーメン丼にはいった麺とつけ汁。
凡の風.jpg
麺は 通常のラーメンのものより やや太め。しっかりと黄色い色は通常麺と一緒。一回り小さな丼のつけだれには 細長いチャーシュー1枚と玉ねぎ、揚げた玉ねぎなどが見える。やってきた瞬間に揚げ玉ねぎの香りがとっても良い。

食べてみると、麺が太い分 むっちりとした歯ごたえで麺の味が楽しめる。煮た玉ねぎの甘みと揚げた玉ねぎのカリカリが楽しめる。スープの底の方からメンマが出てくる。つけ汁に付けながらはふはふとラーメンといただく。
そして、ラーメンを食べ終わった所で 「割りスープをお願いします!」というとつけ汁をスープで割ってくれる。これをスープとして飲むのもよいのだけど、ご飯を投入しておじやにして食べるのが美味しいらしいのだ。
テーブルにある説明には 「スープでわるとたちまちイタリアン」と書いてあるので興味深々。

最初は トマトスープで割るのかと思っていたくらいなのだけど 目の前にやってきたのは普通のスープで割った透明に近いもの。食べてみると イタリアンというより スパゲティナポリタンに代表されるような 喫茶店飯のスープに近い感じ。カフェ飯ではなく、喫茶店飯ね。
ご飯をいれてみると、リゾットというより、喫茶店のピラフのスープバージョンと言った感じ。底の方から 焼き目をつけたベーコンのような物が出てくる。確かに ラーメンとは違った雰囲気になっていて面白い。そして 懐かしくも美味しいのだ。

つけ麺の麺は200グラムから頼めるし、小ライスはお子様ご飯くらいの小さな物なので ここでつけ麺を食べる時には是非試して欲しいな。

大変満足してお店を出たのでありました。

凡の風
札幌市中央区南8条西15丁目1-1ブランノワールAMJ815 1F
011-512-2002
11:00-20:00(スープが無くなり次第終了) 水曜休み

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

ユーハイムの神戸牛ミートパイ [食卓の素(札幌圏の食材)]

週末にその日の夕食の食材探しのためにデパ地下を歩いていると、神戸牛のミートパイと言うのがイベントとして出ていた。てりてりに仕上がったそのミートパイがおいしそうで 夕食の1品にくわえることにする。直径10センチくらいの円形のミートパイは 1人1個では贅沢すぎるので2個を3人で分けて食べる事にする。
ミートパイ.jpg
オーブントースターで4分ほど温めて半分にカットして食卓へ。
ひき肉に 玉ねぎなどと一緒にゆで卵のみじん切りが加わったフィリング。そうそう、ミートパイって ゆで卵のみじん切りを加えたりするんだった。味付けは塩味。トマトやデミグラスソースなどがはいっていないタイプ。肉の旨みが感じられる。
外側のパイ生地はさくさく、中のフィリングはちょいとほろりとしている。食べるのにはちょいと技術が必要だけど、このこぼれそうな所がまた良いのだよね。中がしっとりしていると パイ生地のさくさくが感じられなくなってしまったりするから、この方が良いのかな。

美味しいお肉でも 端材はでるから そういった訳あり商品を美味しく仕上げるっていいよなぁ。そんなのも相まって ニコニコしながらいただきました。

<この日の食卓>
ユーハイムの神戸牛ミートパイ
スモークサーモン ブロックタイプ
サーモンとほうれん草のキッシュ
先週イタリア展で買ってきていたピクルス
自家製 ホワイトアスパラのピクルス
オリーブ 小豆島
ミネストローネ
パン:パン・オ・トラディッショナルのバゲット いちじくのパン
チーズ:サン・フェリシアン とろりとしたクリーミーな牛乳チーズ。香りは控えめ
イタリア展で買ってきたマロングラッセ
赤ワイン:プリミティーボ

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

らっきょ [近所の食卓(札幌圏の飲食店)]

研修にやってきた子と昨日は魚介を食べに行った。今日はスープカレーがいいというのでらっきょへ。最近なんだからっきょに行く機会が多いなぁ。

らっきょは「スープカリーの匠」などを手がけた事でも知られる井出さんのお店。スープカレーの老舗といってもいいのじゃないかな。
この日私が食べたのは、4月の限定カレーの「新たまねぎのキーマ詰めと春野菜の炒めカレー」。
らっきょ_0002.jpg
新玉ねぎの中にそぼろ状のキーマカレーをつめてチーズで封をしてある。透明に近いくらいクッタリと火がとおった新玉ねぎをスプーンで割って、中から出てくるキーマと一緒にスプーンですくって食べる。ちょいとドライにしあがっているので、スープカレーにひき肉が入っているのとは雰囲気が違う。かりっとした食感も感じられる。
春野菜は、スナップエンドウ、たけのこ、アスパラなど。緑の色が鮮やかな物なども多い。炒めてあるのでしゃきっとした歯ごたえも感じられる。スープカリーのしっかりと煮込まれたほろほろのジャガイモなどの野菜も美味しいけれど、こんな風にしゃきっとした歯ごたえがある野菜を楽しめるのも良い。

つれてきた彼女はシーフードと矢部舞茸のスープカレーを頼んでいた。
やっぱりここでも魚介なのね。これはこれで美味しかったらしく、ニコニコしながら食べていた。殻つきの海老の殻を外すのが大変そうだったけれど、それも含めて満喫していた感じ。

北海道って本当においしい所ですね!と言ってくれたので えっへんと胸を張りたくなる。
べつに私のお蔭ではないけれど、北海道の食べ物って本当に美味しい。堪能するには住まなきゃね。

札幌らっきょ
札幌市西区琴似1条1丁目7-7  カピテーヌ琴似1F
TEL:011(642)6903
営業時間 11:30〜22:00 (平日のみ15:00〜17:00CLOSE
定休日/第3水曜日


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

ふる里 [近所の食卓(札幌圏の飲食店)]

今週は首都圏から研修に来ている子がいた。2泊3日なので、夕食は何を食べたい?と聞くと 魚介!ということだったので ふる里に連れて行く。

ふる里は琴似にある居酒屋さんなのだけど ここのコストパフォーマンスは非常に高いと思う。この時期に食べられる魚介を中心に、串焼きや揚げものなどの居酒屋メニューも充実している。
好きなものを頼んでいいよというと、ボタン海老、塩水うに、帆立など 北海道モノを片っ端から。

ぼたん海老は頭はついているけれど、お腹の部分はちゃんと殻をはずして食べやすくしてあり 少々小ぶりながら甘いぷりぷり。帆立は 貝柱だけじゃなくて ひももちゃんと付いてきた。塩水うには ちゃんとエッジが効いているもので これはうまいでしょ。
どれもこれも「やばい!」「うまーい!」と言いながら食べている。

この後に頼んだかんぱちを食べた瞬間に彼女が「私が今まで食べていたかんぱちはニセモノだった!」と言うので笑う。
ふる里.jpg
今まで美味しいと思っていたけど、これを食べたら全然違う!こんなに美味しいかんぱちに出会えて嬉しい!と非常に喜んでくれた。かんぱちは特に北海道のおさかなというわけではないけれど、そんなに喜んでくれるとつれてきた甲斐があったというもの。
「絶対に 次からかんぱちを食べる時にこれを思い出してがっかりすると思う」とまで言ってくれたら嬉しいよ。

アスパラはまだ時期には早いのだけど、ハウスの地物が出てきたところ。天麩羅や焼き、バター炒めなどの中から好きなやり方で調理しますよと言う事で、バター焼きをお願いする。アスパラは鮮度劣化が激しいので、おいしい物を食べたければ産地の近くに行くしかない。お取り寄せしても、運んでいるうちに味が落ちていくからね。私も昔は穂先の方が好きだったけれど、それは産地から遠いと 根元から味が抜けて筋っぽくなってしまうからと知ったときは 今まで損していた気分になったものだった。アスパラはやっぱり茎の部分がうまい。
そんな話を色々しながら 北海道モノを色々堪能したのでありました。

<この日ふる里でいただいたもの>
枝豆
刺身:ぼたん海老、塩水うに、ほたて、かんぱち
アスパラバター炒め
生ラム串
味噌ピザ
ビール

ふる里 琴似本店
札幌市西区琴似1条1丁目
011-643-9927
16:30−23:30


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

ヴァームグミ [モラタメ&レシピブログ]

今回モラタメさんでタメしたのはヴァームグミ。
今まで ヴァーム関連商品は色々タメしてきたし、その後も続けて使用しているものもある。そんな中、ヴァームグミって?と言うわけでタメしたみたのだ。
ヴァームグミ.jpg
プラスチックの袋に入ったヴァームグミは大豆ほどの大きさでラグビーボールみたいな形をしているグミ。どうやら表面がヴァームでコーティングされていて 中はオレンジ味のグミといったかたち。
食べてみると、グミの表面を砂糖でコーティングしたみたいなかんじ。
1袋食べると1500ミリグラムのV.A.A.Mが含まれているらしいので、ヴァームウォーター1本と同じくらいの量が含まれているわけだ。

いつものエアロビックの前に食べてみる。
オレンジ味のグミで 味は悪くない。小さくて甘いのでお菓子感覚。仕事の後に色々準備をしながらの慌しい時間だったので ちょいと手間はかかる。
これはこんな時ではなく、長い時間ウォーキングランニングなどをする時の途中に食べるととても良さそう。少しずつ口にほおりこんで すこしづつ取るのに丁度良い。
それ以外に、ショッピングなどで街中を長く歩く時などもちょっと良さそうな気がしてきた。

軽くて手軽に持ち運べるから 最初に一気にとるのではなく、こまめに取るのに良さそうなヴァームグミでした。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。