So-net無料ブログ作成

ガーデンテラス宮崎 竹彩 [遠くの食卓(国内の飲食店)]

この日いただいたのは鉄板焼きのコース。
目の前に鉄板があるカウンターで鉄板焼きをいただくのって本当に久しぶり。もう10年以上ぶりかも。

前菜の盛り合わせは ピックに刺さったピンチョス形式。
竹彩.jpg
それをつまみながら 目の前では鉄板焼き様にシェフが準備を始める。
目の前には宮崎牛食べ比べ用の牛がロース肉とフィレ肉の2種。

まずは暖かい鉄板の上で 小さなスープパンの様な器でソラマメのスープをあたためていただく。面白いのはクリームスープに ソラマメを裏ごししたような緑のピューレを加えて軽く混ぜて登場。
完全に混ざりきらずに 白に緑の渦巻きの様な模様になっているのがきれい。
食べる時は混ぜていただくのだけど、最初はわざと甘く混ぜてそのピューレの濃淡を楽しむのもいい。

お次は 焼き野菜。
プチトマトやシイタケ、ナスは解るとして、金時草なども軽く焼いて出てくる。玉ねぎは皮のまま事前にローストして透明に近くなったものを 軽く焼いて温めている。
金時草は茹でるという調理法ばかりを見てきたので、焼くのは新鮮。それもさっと焼いただけなので しゃきしゃきとした歯ざわりはちゃんと残っている。

そして 日本一の牛、宮崎牛。さしがきれいに入ったロースとフィレ。バラ色に近い色味のロースと 赤みが濃いフィレ。どちらも非常に美味しそう。
ミディアムレアで焼いもらう。2人分を塊で焼いて 一口大に切り分けたものをそれぞれのお皿に盛り付け。
焼くのも思ったよりも時間じっくり。そしてその後 比較的温度が低めの鉄板の端でゆっくりと落ち着かせている。切り分けた時に 肉汁が流れ出すことなく、口の中でじゅわーっと出て来るのおいしーい。脂がきつすぎず、良い感じに口の中で味が広がる。

土地の物には土地の物という訳で、都農の赤ワインを合わせた。
ベリーAを使ったこのワインは 酸味がしっかりとしたワインだった。

この後、釜炊きご飯と赤だしのお味噌汁、デザートをいただきご満悦。
私にとっては全体の量も多すぎず 丁度良い。

宮崎牛の力と、目の前で焼いてくれる鉄板焼きの面白さを楽しく実感したのでありました。

<この日いただいたもの>
ピンチョス
空豆のスープ
旬の焼き野菜
宮崎牛の食べ比べ
釜炊きご飯
赤だしの味噌汁
デザート
コーヒー
都農ワイン

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

ガーデンテラス宮崎 [旅のお話]

いいホテルだから一度泊まってみるといいわよと両親が言っていたので、ガーデンテラス宮崎に宿泊する。

全部で10室程度のこじんまりとしたホテル。宮崎駅からほど近いのだけど、大きな道路から少し入ったところにあるので ちょっと隠れ家的。外観は竹を印象的に使ってあって 街中と言う感じがしない。
白木をメインにした室内やインテリアも気持ちよい。
ベランダにはテーブルセットがあって、良い季節であれば 夕涼みをしながらビールなんていうのも楽しそう。

お風呂も足をゆっくりと伸ばせる大きさで、個人的にはブルガリのオパフメのアメニティが嬉しい。私はこの香りがとても好き。タオルも多めに用意されている。
ブルガリシャンプー.jpeg

お部屋の飲料はオールフリーで部屋代に含まれるという方式。この飲料もビールなどに加えて 小さなスパークリングワインなどもあるのが嬉しい所。お茶やコーヒーなども潤沢にそろえてある。お風呂上りにはビールを一杯いただきます!
スパークリングワインは明日のおめざに取っておこう。休日の朝をスパークリングワインで始められるなんてこんなに素敵な事はない。
これとは別に ラウンジで食前酒と軽いつまみも用意してある。セルフ方式で好きなものを飲めるという程よい自由さ。

夕食の前にラウンジに行って、食前酒と軽いつまみをいただいて気分を盛り上げる。
ゆったりとしたソファで 周りには雑誌や本が置かれ、ホテルにお籠りして楽しんでもよさそう。DVDやCDはお部屋に持って帰ってみる事も出来るらしい。
ラウンジの窓からは 宮崎駅に発着する列車も見えて、鉄道マニアも満足。

さて、夕食に行きましょうか。

ガーデンテラス宮崎 ホテル&リゾート
宮崎県身や財師下原町247-18
0985-73-8888
nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

おでん一平 [食卓の素(札幌圏の食材)]

ひいきのサッカーチームが勝ったので気分よくおでんを食べに行こう!
満席に近かったカウンターを 詰めていただいて席を2つ作ってもらい入れてもらう。こういう膝送りして席を作ってもらうときに ありがたく、いいなぁと思う。もちろん、逆に入れるように詰める時もある。知らない物同士だけど、美味しいものをたべるという場をみんなで楽しむという一体感が嬉しいのだ。

はんぺんの札がかかっていたので、張り切って頼むと「はんぺんはもうない」という返事。次に欲しいものから頼もうと、タケノコ、しいたけ と言いながらもう一つは何にしようかな。そうだ、がんも!すると大将に「最後にがんもと言われると厳しい」と笑われる。確かに。一平のがんもはお皿いっぱいになりそうな大きなもの。たけのこ、シイタケを入れたお皿に最後にがんもを加えると両方が見えなくなってしまう。最初に入れなくちゃいけないね。
そうだそうだ、最初に言うべきでした。大将は「注文が3こだったからお皿の中で整えれば大丈夫だった」と笑う。
自分が盛り付ける時には 普通に考える所が、食べる側になるところっろ忘れてしまう。
出来上がりイメージから逆算してもりつけないと。

最近 スィーツのお店でも直接箱に詰めずに、おぼんに一旦取ってから 大きさや壊れやすさなどで箱の大きさや詰める位置を決めるようになっている。
このやり方はうまいやり方。思ったままに買っていくと最初は6個と思っていたのに8個になっちゃったり、4個で終わってしまったりするからね。それに、細長い物、丸い物と大きさが異なるものは 注文された順番通りが良い順番とは限らないから。

この日、カウンターから見えた札で久しぶりに見つけたのが ねぎま。
とろとろとに煮たねぎと マグロ。脂の多いスジっぽいところがねぎまにはよく合う。マグロは刺身にはちょっと難しいところだけど、美味しい部分を厳選してあって これは大変贅沢なお皿。透明に近いネギも含めて食べられると嬉しい一品。
そして、こいつはお酒が進む。日本酒じゃないと。
一平.jpeg

他にもいろいろとお酒に合うお皿をだしていただき、お酒が進んで困る。
これを北海道弁では「お酒がのまさる」という。お酒を呼ぶ肴はのまさって困るのだ。
お銚子は予定していたより1本ほど多めに空いて 最後のご飯に突入。
ほんの軽く盛り付けられた茶飯は 最後の〆にとても良い量。これより多いと 多すぎるんだなぁ。

この日も楽しく過ごしたひと時でした。

<この日 一平でいただいたもの>
しいたけ
たけのこ
がんもどき
大根
えびいも
ぎんなん
白滝
ふき
かにシュウマイ
ねぎま
真鯛の白子
たらこの出汁漬け
タケノコご飯とみそ汁

おでん一平
北海道札幌市中央区南三条西3 克美ビル 5F
17:00-22:00 日月休み


nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

うどん四国 [近所の食卓(札幌圏の飲食店)]

お昼はうどんを食べようと 饂飩四国へ。
まだまだ雪が残る札幌は寒いので鍋焼きうどんかなと思っていたのだけど、駅ビルなどの建物の中をがしがしと歩き回っていると、人が多い事もあって 軽く汗ばむ位。

というわけで、釜玉ぶっかけ納豆うどんに決定。
冷たいざるうどんを食べるほどではないけれど、熱い汁ものでもないという温度がちょうど気分に合っていた。

釜揚げのアツアツに卵が入り 軽く混ぜた状態の物がどんぶりに入っていて、その上に納豆とおかかが乗っていた。堅く絞った大根おろしが別添で これを乗っけて出汁醤油を回しかけ わしわしとまぜていただく。
我が家では納豆はほとんど食べないので、こんな風に外に来ると食べたくなる。

熱いうどんに卵をかけて混ぜてあるので、卵は半熟でカルボナーラ的。おかかが絡んだところが美味しいのだ。
鰹節というのは 本当に素晴らしいものだと思う。出汁もとれて、そのものを食べてもおいしい。アツアツの汁なしうどんに おかかがまぶされるとうまいのだ。これに納豆の粘りが一緒にやってくる。うどんの表面がつるんとしているので、納豆は別になりがちだけど、それでも口の中で一緒になるのが面白い所。

やれば簡単なのだけど、自宅ではあまりやらないメニューってあるよなぁ。その一つがこの釜玉ぶっかけ納豆うどんなのでありました。


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

フルーチェ 贅沢いちご [モラタメ&レシピブログ]

今回モラタメさんでモラったのはフルーチェ贅沢いちご。

フルーチェって子供のころは大好きでよく食べたし、自分でもよく作ったのを覚えている。もしかすると、最初に作ったお菓子はフルーチェだったかもしれないってくらい。
でも、子供がいない我が家ではなかなか 目にしなかった。

今回のは「贅沢いちご」。だって贅沢ですもの。大人が食べたっていいじゃないかという気持ちになってくる。
パッケージも黒が主体で高級感があるもの。期待できそうじゃないか。
フルーチェ.jpg
ボウルにあけて牛乳を注いで混ぜるだけ。
この簡単手順で デザートができるんだからありがたい。食後にデザートがあると なんだかとっても優雅な気分になる。

そして今回の贅沢は果肉2倍の濃厚なおいしさというところが贅沢ポイントらしい。
確かに、食べてみるとけっこう大きな果肉が入っている。フルーチェってこんなデザートだったっけ?と思うくらい フルーツ感たっぷり。
これは「贅沢」のなせる業なのかしら。フルーチェ自体が久しぶりなので その辺がよくわからないけれど、本格的な感じなのはたしか。

牛乳と混ぜるだけの子供のおやつって ちょっとあなどっていたけれど、かなりいける。
これは大人のデザートにも十分いいじゃないか。
フルーチェ2.jpg
今回かなりイメージが変わりました。
フルーチェを見直しました。自宅にある材料でさっと作れておいしいデザートっていいなぁ。特に、これから暖かくなってくるとこんなひんやりデザートがうれしい季節。
今回はモラって 試すことができてよかったです。
モラタメさん、ハウス食品さん どうもありがとうございました。


nice!(2)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

バー・マガッツィーノ [近所の食卓(札幌圏の飲食店)]

マガッツィーノの系列店としてニッポニア マガッツィーノというお店ができたと聞いてまずはマガッツィーノで待ち合わせ。

マガッツィーノも少々メニューを変更したようで、チョイ飲みをターゲットにしたおつまみと飲み物が中心になった。
バー・マガッツィーノ.jpg
以前は メイン料理になりそうなものも黒板に並んでいたけれど、今はちょっとしたおつまみが中心。グラスワインなどのラインナップもいろいろあるので 本当に待ち合わせに良い場所になった気がする。

10人も入ればいっぱいになる小さなお店だから ターゲットが明確になっていいのかも。

さて、ニッポニア マガッツィーノに行ってみましょうか。っと思っていたら 満席でこの日は別のお店に行きました。また次の機会に。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

ちゃんぽん一鶴 [近所の食卓(札幌圏の飲食店)]

久しぶりにちゃんぽんを食べに行こう!
ちゃんぽんについてはかなり熱く語ってしまう私が本物だと太鼓判を押す一鶴のちゃんぽん。入り口で食券を買ってしばし待つ。
今日は相方は一緒に高菜飯を食べるという。
一鶴.jpg
高菜飯は熊本ではポピュラーなごはん。
高菜漬けを油でいためたものをご飯に混ぜ込んだり、どんぶりの上からかけたりするごはん。ここの高菜飯は白飯に高菜漬けを油でいためたものがたっぷりとのっかっていた。

高菜漬けは細かく刻んで油で炒めるのが一般的。
漬物なのに さらに油で炒めるのが一般的と言うのは不思議な感じだけど、そういうものなのだ。食文化というのは「そういうものなのだ」というものの積み重ねだからね。ゴマが混ざっていたりもする。

真っ白なごはんに たっぷりと掛った高菜漬け。
なんだか懐かしい風景だった。私も一口貰って 久しぶりの味を楽しんだ。
もちろん、ちゃんぽんも楽しみましたよ。

余談ですが、諸般の事情によりしばらく絵を描いていなかった。
本日久しぶりに色鉛筆をあけて並べたら、なんだかとても嬉しくなりました。

nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

困ったときのセブンイレブン [遠くの食卓(国内の飲食店)]

関東への出張の時のお話し。
この日はちょっと元気がなかったので、ホテルの近くにあって前々から目をつけていたお店で軽く食べてホテルに入ろうと思っていた。
ところが、お店に近づいてみると その2日前に閉店していたことが判明。
茫然と立ち尽くすワタクシ。私の夕食はどうしてくれるというのだ。

そこで燦然と輝くのがセブンイレブンのオレンジと緑のライン。
そっか、コンビニ飯にしよう。ホテルには電子レンジがあるのは知っていた。ここはレンジアップ商品でいこう。
豆と野菜のミネストローネとサラダに鶏の南蛮漬け的なものが乗っているものを買って帰る。

スープは冷蔵状態ではほぼ固まっていたものが、電子レンジにかけるとスープになるという代物。持ち運ぶときにはこぼれる心配なく、食べる時にはちゃんとスープと言うのが素晴らしい。コンビニのお惣菜っていままであまり食べたことが無かったけれど、こんなに進んでいるの?こんなの普通?
豆もたっぷり入っていて 満足感が大きい。
サラダにお肉が乗っているというのも、メインディッシュとサイドディッシュをいっしょに食べている感じでなかなかよろし。サラダって添え物として しなしななんてことはなく、パリパリの野菜でした。下手な居酒屋のサラダより美味しい。

やるなセブンイレブン。
ちょっと下向き加減だった心が 温かくて美味しいものを食べるとちょっと上向きになってくるというのが素晴らしいところでした。


nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

今日のおやつはわらび [おうちの食卓]

空豆の次はわらび。
わらびは、一昨年 おでん一平の大将に下ごしらえのやり方を教わってから我が家の食卓に登場回数が増えた山菜の一つ。
わらび.jpg

<わらびの下処理方法>
バットにわらびを入れ、重曹を振り入れる。
これに熱湯を入れて 3〜4時間ほおって置く。
その後、そのお湯は捨て 真水につけておく。

簡単な下ごしらえで あくが抜けて美味しいわらびが食べられる。
あくは抜けすぎても良さが無くなってしまうので、食べるのは早めに。

この下ごしらえしたわらびをわさび醤油に付けていただくと これがちょうどよい酒の肴になる。切り口はちょっと粘りがあって、山菜らしい苦みが少し。
こうした肴で 今年も春を待つのでありました。

nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

今日のおやつはそら豆 [おうちの食卓]

外の気温は春を感じられないけれど、青果売り場には春がやってきている。
ソラマメやグリンピースなどの豆類が目立つようになってきた。という事で、週末のおやつはソラマメに決定。
空豆.jpeg

ソラマメをさやのまま魚焼きグリルへ入れて さやが焦げるまで焼くだけ。
さやの内側はたっぷりと水分を含んだ綿のようになっている。この中でソラマメが蒸し焼きにされるという訳。
取り出すときに熱いので注意が必要。
あちちあちちと言いながら ソラマメを取り出して 内側の皮を手で取り除く。お皿に取っておいた塩をちょちょいとつけながらいただくと ほこほことした春の味がしてくる。
ビールのあてにも丁度良い。

焼き枝豆というのもあるけれど、ソラマメのお布団の様な白い部分が枝豆にはない。この為、よりドライな感じに仕上がってしまう。やっぱりこの方法はソラマメが一番向いている。

今日も 春の香りを感じながら ソラマメをいただくのでありました。

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。