So-net無料ブログ作成

ゼロカク ぎゅっとカシスのノンアルコール [モラタメ&レシピブログ]

今回モラタメさんでタメしたのはゼロカク。
ゼロカク.jpg
最近はノンアルコール飲料もバラエティ豊かになっている。
ノンアルコールの缶チューハイはジュースとはちょっと違って、ちょっと大人向けだと思う。ゼロカクは、カクテル風ノンアルコール飲料。
そんなゼロカクの新製品は 割って飲むタイプ。
カシスリキュールをイメージしたというゼロカクは、水や炭酸などで割って飲むタイプ。

そのまま飲むタイプの缶と違って、スクリューコックのアルミ缶。
色はきれいなカシス色。炭酸と割って カシスソーダ、オレンジ果汁で割ってカシスオレンジとなんだか楽しそうな感じ。
缶を開ければすぐに飲めるという手軽さはないけれど、なにで割ろうかなぁと考えるのが楽しい。ウーロンで割ればカシスウーロンだし、オレンジ以外の酸味のある果汁と一緒にするのもよさそう。
ゼロカクじたいが少々甘いので、加えるものは甘みが少ないものが合う。
私は単純に炭酸で割って レモンをちょびっと絞るのがお気に入り。
グラスで飲むことになるのもまた なんとなくよいのだ。

缶飲料は手軽でいいけれど、グラスじゃないとちょいと味気ない。だからと言って、そのまま飲める缶飲料をグラスに出すのもどうだろう。
そんな隙間にゼロカクのぎゅっとカシスのノンアルコールがちょうどはまる。
1本買っておけばしばらく楽しめるというのもいいな。

休肝日の食後の定番になりつつあります。


nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

柏餅と桜餅 [食卓の素(札幌圏の食材)]

北海道でも桜の開花宣言がされはじめた。
気が付けば、街中の雪も解け、春の気配が濃くなってきている。
そろそろ端午の節句だから柏餅を買って帰ろうと思って水車へ行ってみると、柏餅はもちろん売っていたのだけど、桜餅も一緒に売られていた。
そうだ、北海道ならば今が桜の時期。そうそう、桜餅も食べたいなぁと 桜餅、柏餅、そして私が大好きなべこ餅の3種類を買ってきた。
べこ餅は1人1個づつだけど、桜餅、柏餅のこしあん、味噌餡とそれぞれ違う種類のものを一つづつ買ってきた。
水車_0002.jpg
私は桜餅をいただこう。
桜の葉っぱの塩味がほのかに桜色にそまった半殺しのお餅にいい味と香りをプラスしている。もう2、3日もすれば札幌でも桜が見られるだろう。
他の土地では 一緒に食べることもないであろう桜餅と柏餅。北海道では一緒が自然なのだと思う。


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

作りおきサラダ [映画と本のお話]

最近 料理本はあまり買わないようにしようと思っていたのに、本屋でちょいと目についてしまった。
「作りおきサラダ」の本。
作り置きサラダ.jpg
そもそも、サラダって作り置きしたらおいしくなくなるじゃんと思ったのが最初。ところが、読んでみるとピクルスやザワークラウト、ひいてはきんぴら迄 常備菜になる野菜のおかずといったところ。
常備菜があると 平日の夕食つくりは途端に楽になる。
これは我が家にあっているかもと購入。

時は 消費税が8%にUPする直前で 新鮮野菜を調理して保存ができ、しかもおいしくなるというとよさそう。
この本を見ながらいろいろとトライしてみたのだけど、結構良いものが多い。

一番気に入ったのが ねぎの蒸し焼き。
ねぎを少量の水と塩で蒸し焼きにして 梅のソースをかけて食べるというものだった。これを蒸し焼きのところまでやって マヨネーズやドレッシングで食べてみる。
これがうまい。
今まで、ねぎをブイヨンで煮て食べるということはあったけれど、蒸し焼きにしたものを冷やして食べたのってなかった。なんのブイヨンも使わなくても、ねぎはじんわりと温めるだけでとっても甘く おいしくなる。
これにつけるソースは、その日の気分で ゴマ油と塩の中華風でもいいし、バーニャカウダソースでもいい。あっさり食べたいときは塩やポン酢もいけそう。

そんな下ごしらえと作り置きおかずの本として まだまだトライしたいものがたくさん。
いい本に出会いました。

作りおきサラダ
主婦の友社


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

澄みわたる梅酒 [モラタメ&レシピブログ]

今回モラタメさんでモラったのは「澄みわたる梅酒」
ドイツワインの瓶のようなひょろんと細長い瓶は水色でとてもきれい。そんな瓶に入っているのが澄みわたる梅酒。
澄みわたる梅酒.jpg
グラスに氷を入れて注いでみる。なんだかさらりとした軽めの手ごたえ。
飲んでみると 予想通り甘さが控えめで さらり。確かに澄んだ味がする。
自分で梅酒を作ると ある程度糖度を上げないといけないので どうしてもかなり甘ったるくなってしまう。それが、プロの技だとちゃんと梅の味を出しながら 甘さ控えめに出来上がっている。これは自分では無理。
炭酸や水などで割らなくても ロックでいける。
これからの初夏の時期に ちょうどよさそうな味わい。

氷を少しからりと言わせながら ゆるゆると口に運ぶ。がぶ飲みするより、少しづつ飲むかんじ。ただ、炭酸で割って ぐいっと飲んでもよさそう。甘みは控えめだけど、梅の味や香りはしっかりするから 割っても大丈夫。

結構気に入ったなぁと思っていると、相方もグラスに入れて飲んでいるのを発見。
どうやら男性にもよさそうです。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

利休 [近所の食卓(札幌圏の飲食店)]

相方がちょっと元気がなかったので 肉でも食べて元気を出そうとランチに牛タンの利休へ。
相方はレギュラー定食にとろろをプラス。今は自然薯もあるというので、そっちにしてもらっていた。私は肉が3枚分と少々少な目でサラダととろろもセットになっているというヘルシー定食にする。
定食にはお肉の他に、付け合せの野菜と唐辛子みそ、テールスープがついてくる。

牛タンはちょいと厚めに切られているけれど、隠し包丁が入っていることもあって 食べやすい。タンって 根元に近いほうが柔らかく、先っぽの方はかなり固い。ちゃんと根元の方を使っているのだなぁと思う。
ちなみに、先っぽの方は焼きタンには合わないけれど、タンシチューには最適なので そちらにするのが良いらしい。

ちょいと厚めのタンに 唐辛子味噌をちょいちょいとつけながらいただく。かみしめると 控えめな肉汁。でも、肉自体のうまさがあるからこれはこれでおいしい。
ランチならば お肉3枚でも十分なので 私はこれでちょうど良い。

麦トロと一緒に牛タンをいただくと ほら なんとなく元気になってきた。
元気がない時には肉が効くと思う。でも、焼き肉だと肉のパワーにちょいと押される。だからこの牛タンのチョイスはなかなか。と自画自賛。


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

洗濯マグちゃん [モラタメ&レシピブログ]

今回 モラタメさんでモラったのは洗濯マグちゃん。
洗濯まぐちゃん.jpg
これは洗濯の際に 洗濯物と一緒に洗濯機に入れて洗浄力を高めるというもの。

洗濯ネットみたいな素材で作られた袋の中にマグネシウムが入っていて、これが水道水をアルカリ水素水に変えてくれて 洗浄力をあげてくれるらしい。

私は洗濯物をほとんど外に干さない。というのも、北海道在住の私は冬の時期は外に干すなんてとんでもないし、夏でも 夜に洗濯をする私は外に干すことがないのだ。
洗濯物は洗面所に干すということになっている。いわゆる部屋干し。
部屋干しだと臭いが…と言われがちだけど、空気が乾燥しがちなこの季節はそれほど感じてはこなかった。でも、これからの季節は少々気になる。
部屋干しの際の臭い防止にもなるということで使ってみる。

使い方は簡単で、洗濯物と一緒に洗濯機に入れて回すだけ。使用後のマグちゃんは脱水まで終わったところで取り出してそのまま干すだけ。衣料用洗剤を加えなくても洗濯ができるらしいけど、私はいつも通りに洗剤を加えて洗ってみる。
我が家は大人ばかりなので それほど汚れもひどくなく 汚れ落ちに関しては特に違った感じはしない。ただ、柔軟剤の香りがよく香るようになった。

洗剤や柔軟剤は変えていないのだけど、なぜか洗濯マグちゃんをいれると柔軟剤の香りを感じるようになった。もともと、それほど強烈に香る柔軟剤は好きではないので 淡い香りのものを選んでいた。洗濯物を干しているときは香るものの、干しあがったものはそれほど香りがしないと思っていた。
それが、洗濯マグちゃんを入れた回から干しあがったものも柔軟剤の香りが少し立つようになった。着ていて邪魔になるほど香りたちはしないけれど、枕カバーやタオルなど 顔を埋めていると ちゃんと柔軟剤の香りがする。これは不思議な感じだった。

我が家での洗濯マグちゃん体験は 柔軟剤の効果UPが感じられたというものでした。
なかなか良いので そのまま使い続けるつもりです。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

鶴橋 風月 [近所の食卓(札幌圏の飲食店)]

久しぶりにお好み焼きを食べに行こう。
一つはモダン焼きにすると決めたので もう一つはちょいと軽めにもやしロール。
鶴橋風月.jpg
もやしロールは もやしとふた肉、ゲソなどを一緒に炒めて オムライスみたいに卵でまとめたもの。その上からマヨネーズとケチャップがかかっている。
見た目はオムライス。

これがなかなかおいしい。
もやしって値段は安いのだけどおいしい。一応、お肉やゲソが少々入っているけれど、基本的にこれはもやしを食べる料理。しんなりとなり過ぎない程度にいためたもやしを 外側の卵でくるんだりしながらいただく。
もやしって本当に偉いよねぇと称えつついただいてモダン焼きを待つ。

モダン焼きは豚玉キムチ。
焼いているせいなのか キムチのパンチには欠けるけれど 焼かれてパリパリになった麺とキャベツの甘みがおいしいお好み焼きが一緒に食べられるのがおいしいところ。
ただし、お好み焼き+焼きそばなので 普通のお好み焼きの1.5倍のボリュームということを忘れてはいけない。
つい調子に乗って お好み焼き1枚と同じつもりで頼んでしまうとつらくなる。
今回はよいバランスで注文できました。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

鍋キューブ [モラタメ&レシピブログ]

先週は家族全員がインフルエンザに罹ってしまい、寝たきり週間となりました。

そんな時 とっても重宝したのが モラタメさんからタメそうとお願いしていて送られてきていた鍋キューブ。
鍋キューブ.jpg
鍋キューブ

最初のうちは食欲も無かったので、野菜ジュースや茶わん蒸しでつなぎ、やや体調が回復してきたところで ネットスーパーで食品を届けてもらい 食事をしていました。
ネットスーパーではもちろん、お弁当なども届けてくれるのだけど、弱った体にはお弁当類はちょっと重い。そこでまずは鍋にしたのでした。

鍋の良いところは 作るのが簡単、後片付けも簡単という事ももちろんあるけれど、それ以外におなかの具合などを考えながら 全体の量を調整できるところ。少な目に作っておいて、食べられそうなら食材を追加といった方法で食べられるので調整しやすい。
それに、鍋キューブは1人前水180ミリリットルに1キューブを入れるという形で作れるので、2人前、3人前なんて少人数の鍋も作りやすい。この日は濃厚白湯スープ。
今回だって、最初はいつもの土鍋とはちがう小さな土鍋にちんまりつくってはじめた。
大人3人のところ、2人前で作成。こういう小回りが利くところがありがたい。
実際 最初のお鍋は追加のお野菜を入れることなく、初回分を食べたところで終了。

翌日は お昼ご飯に鶏だしうま塩のキューブ1つを使って 野菜スープ2人前を作成。
昨日の残りのお野菜をさらに小さくカットして お水と一緒に鍋キューブを入れてことことと煮るだけ。鍋だけじゃなくてスープのもとにも使える。
おかゆ代わりにおじやにしようかななんてことも考えたり。

そして夜はまた別の味の鍋キューブで お鍋。今度は寄せ鍋しょうゆ味。
今度はかなり回復してきていて 通常に近い量が食べられそうと 普通の土鍋で鍋キューブ3つにお水600ミリリットル弱でスタート。
白菜やキャベツ、ニラ、ねぎ、もやしなど ほとんど野菜は似たものなのに、初日は鶏だんご、2日目は魚介と ちょっとだけ具材を変え、何よりスープの味が変わっているので楽しく食べられた。

鍋キューブは 1人前という少量ずつで使えるというところや、液体が入っていないので台所でかさばることなく いろんな種類をおいておけるというのがありがたい。
味のバリエーションもあって、鍋以外にも通常の食卓の汁物など 鍋以外でも使いやすい。
これは3人前とか4人前で1つの袋に入って 一度開けたら一気に使うしかない鍋つゆでは考えられない使い方。
今回 ひょんなきっかけでしたが その力をかなり感じました。

体調の方はかなり回復しておりまして 会社にも出勤しています。
体調がよい時にも いろんな料理に試してみようっと。


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

札幌四川飯店 [近所の食卓(札幌圏の飲食店)]

お昼に何を食べようか。久しぶりに中華でも行く?というわけで四川飯店へ。

メニューをみていたらチャーハンが食べたくなった。
チャーハンと辛味水餃子をいただく。
四川飯店_0001.jpg
チャーハンってなんということはないメニューだけど、はやりプロの料理は違うなと大きく感じるものの一つ。
ご飯の一粒一粒がぱらりと出来上がったチャーハンは 非常にうまい。油でご飯の周りをコーティングするのだとか、卵にたっぷりの油を加えてそれでコーティングするのだなどといろいろと聞くけれど、油っぽくなくぱらぱらに仕上がっているチャーハンを見ると 参りましたという気持ちになる。

相方はにらはただ今 旬の野菜だしと言って 久しぶりのレバニラ炒めにしていた。。
このレバニラ炒めもなかなかおいしかった。レバーって もそもそ感があるものだけど、一口食べた時にはこれはどこのお肉だろう?と思う程 レバーの臭みが少ない。もそもそもしていない。薄くスライスされているので いい具合の食感になっているのだ。
あのつかみにくいレバーをある程度の薄さに切るというのはとても難しい。でも、この薄さに切ることができれば、こんなにおいしくなるのだろうか?
唐辛子も入っていてピリ辛の仕上がり。生木くらげも肉厚の食感がよい。
レバニラ炒めってちょっとバカにしていたところがあったけれど やっぱりプロの仕事は違うのだなぁ。

チャーハンもおいしくいただいていたのだけど、だんだんと蓮華の進みが悪くなる。
ご飯2杯はあろうかという量で いつもの私のランチの3倍くらいの量がある。美味しいので残したくはないという思いで食べる。
あぁ、半チャーハンがあればなぁと思ったのでありました。

またしばらくすると食べたくなるのよねぇ。


nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

伊藤園 ヘルシールイボスティー [モラタメ&レシピブログ]

今回 モラタメさんでタメしたのは伊藤園のヘルシールイボスティー。
ルイボスティー.jpg
ルイボスティーはカフェイン0の飲料なので、寝る前などにも気にせず飲めるところがよいところ。ただ、ルイボスティーって 独特クセのある味がある。このルイボスティーの味って、飲んでいくうちにだんだんと気にならなくなってきたりするのだけど、最初は気になるもの。
お湯で出したルイボスティーは その独特のクセが香り立つので 飲む前から あ、ルイボスティーだと解る。冷やして飲むペット飲料だと 立ち上る香りがない分 クセが弱い。飲んでいる途中で気が付く程度。
そして、飲み続けるとだんだんとその味に慣れてくるのが自分でわかる。

もともとルイボスティーはカフェイン0に加えて、食物繊維が多く含まれるとかビタミンCが多く含まれるなど健康に良いといわれるお茶。
食事と一緒に飲んでいると、体に良い事をしているという気持ちがしてくるのがよいところ。しかも、ペットボトルなので簡単にすぐ飲めちゃう。

今回タメしたのは280ミリリットルの小サイズボトル。1回飲みきりで 持っていくにも軽い。暑くてたくさん汗をかく時期はこれではちょっと物足りなくなるかもしれないけれど、今の時期にはちょうど良いサイズ。
運動をする時にもちょいと持って行っています。


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。