So-net無料ブログ作成
検索選択

ラ・ベットラ・ダ・オチアイ [遠くの食卓(国内の飲食店)]

西武池袋店にはラベットラが入っているので、ここは落合シェフのラベットラに行ってみよう。

ここのディナーはプリフィックスセットが中心。
前菜とパスタだけのものと、これにメイン料理を加えたもの。メインまで加えたものでも税別3800円というのは嬉しい価格設定。
メインもくっつけるものだとちゃんとパスタの量が少な目になるというところも嬉しいポイント。
ここはメイン料理まで加えたコースにしよう。

前菜は迷ってしまって選べなかったので、盛り合わせに。
ラベットラ.jpg
冷たいコーンスープは小さなグラスに入ってぽってりとしたコーンの甘みを感じるもの。フルーツトマトとモッツアレラはカプレーゼとして定番だけど、ここのトマトは甘くて酸味も感じられてとってもおいしいものだった。むっちりとした水牛のモッツァレラと一緒に食べずに あえてそれぞれを楽しむ。
スモークサーモン、生ハム2種、カポナータ、イタリアオムレツなど、イタリアンの前菜の定番が並ぶ。一人でもこれらを少しづつ食べられるって嬉しい。
そして、特に楽しかったのがエビのフリット。フリットといってもふんわりとした揚げ物ではなく、小さ目の海老にデュラムセモリナ粉を付けて揚げたもの。普通の揚げ物とはちょっと違ったカリッとした力強い衣が面白かった。

パスタはいろんな茸とグリンピースのクリームパスタ。
本体としては見えないけれど、ポルチーニ茸の香りがしっかりとしみたクリームソース。グリンピースの緑の水玉が目に鮮やか。エリンギなどの茸とハムの塩気がちょうどよくマッチしたパスタ。クリームソースが美味しかったので、パスタを食べ終わった後にスプーンですくってきれいにいただきました。

メインは魚のソテー タプナードソース。タプナードソースは黒オリーブを細かく刻んだソース。我が家ではオリーブにアンチョビーを混ぜて作ることが多いのだけど、落合さんのレシピだともうちょっとマイルド。オリーブだけではなく、ケッパーや野菜なども沢山入れてオリーブ比率が低め。その分、オリーブのとんがった味ではなく 野菜がいろいろ使われたソースという味になっている。これはお魚と一緒にいただいたけれど、パンに乗っけて食べてもおいしいよね。

ホールスタッフも親しみやすい雰囲気で カジュアルなレストランとして楽しめた。
一人飯としては なかなか良い選択でした。

食後にデザートメニューを持ってきてくださったけれど、デザートはデパ地下で購入して帰ろうと心に決めていたから、ここではお断りしましょう。


<この日 いただいたもの>
前菜の盛り合わせ
茸とグリンピースのクリームパスタ
的ダイのソテー タプナードソース
白ワイン(グラス)

イケブクロ ラ・ベットラ・ダ・オチアイ
東京都豊島区南池袋1-28-1
西武池袋本店8階(レストラン街)
月~金  11:00~23:00(21:30L.O)
土日祝  10:30~23:00(21:30L.O.)
03-5944-8181


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

攻殻機動隊 原画展 [映画と本のお話]

出張の前日が珍しく休日。休日に出立するのは、お休みが半分になってしまうという欠点はあるけれど、この日を東京で過ごすと考えると 逆に楽しくなってくる。
ちょうど西武池袋店で攻殻機動隊の原画展をやっているというので行ってみた。
攻殻機動隊.jpg
攻殻機動隊というのは、映画やTVシリーズになったアニメーションシリーズ。
アニメプロダクションとしては スタジオジブリが有名だけど、この攻殻機動隊を作っているプロダクションIGは大人向けアニメーションプロダクションとしては有名処なのだ。

攻殻機動隊は、公安9課という近未来の公安の組織の一つが舞台。体の一部かすべてをサイボーグ化した人が電脳戦を仕掛けるという内容。
こう書くと荒唐無稽な感じだけど、これがしっくりきてしまう上に だんだんと時代がこれに近づいてきている。多くの監視カメラの映像と顔特定の技術があれば、誰かがどこで何をしていたかなんて すぐに解ってしまう。
多くのコンピュータで制御されている列車や飛行機などの交通機関はハッカーによって手繰られてしまう可能性もある。笑い事じゃないのだ。

今回 原画展を見て思ったのは そんな作り事をリアルに見せるのは影なのだという事。色を乗せる前の原画と指示書なども多く展示されていたけれど、光がどこからどのように当たっているのかという指示がとても多い。
フィルム映画でもライティングはとても大事だけれど、2次元の世界を3次元に見せるのは影の描き方なのだ。それをとても強く感じた。
背景も人物も 影が入るとぐっと立体として持ち上がってくる。

自分でも絵を描いていてもそう感じていたことが そのまま展示されていたという感じ。
なかなか興味深い展覧会でした。

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

サジャガーデン [近所の食卓(札幌圏の飲食店)]

札幌の地下歩行空間「チカホ」を通って丸井今井に行くときに、大通地下街の中にある韓国料理店サジャガーデンは何度も見たことがあったのだけど、行ってこなかった。
今回 金券があったのでちょっと行ってみようかという事になる。

お店に入ってみると 意外に狭くて驚く。
間口はそれ程狭くないのだけど、奥行きが無い上に店内が三角なので テーブルを置くスペースが少ない。テーブル自体もコンパクト、テーブルとテーブルの間もコンパクトで 昔の喫茶店を彷彿とさせる。

面白いのは、チヂミは生地と具材を好きに選べるところ。
生地はノーマルとキムチから選び、具材は豚・エビ・トック・ニラなどから2つを選ぶのだ。この日はノーマル生地に豚とエビの具材でお願いする。
チヂミはふんわりとした仕上がりで、ちょっと厚め。面白いのが、カレーが入ってきそうなふちが盛り上がったお皿に盛り付けられてくるところ。
チヂミをつまみにビールを飲みながら、韓国のB級グルメは非常においしかったねぇという話になる。

そして、〆に冷麺をいただこう。
冷麺は食べやすい様に短く切ったもの。透明麺にしっかりとしたコシ。辛さはあまり強くないものの、ニンニクがしっかりと効いているところが韓国風。
我々はもうちょっと辛い方が好みだけど、一般的にはこれ位の辛さがいいのだろうな。キムチも辛味はマイルドながら 乳酸発酵が感じられる。
キムチはこの乳酸発酵した感じが無いとね。

我々みたいにランチに チヂミをつまみに飲み食いした後に 麺類やごはんなどの炭水化物を食べるという人はそれほど多くないらしい。テーブルが狭い事もあって、どうやっても乗りきらないので 注文を調整しながらすすめる。
ビールのジョッキを避けながらシェアするのはちょっと大変でした。
ランチセットでは 冷麺とビピンパなどのセットもあるのだけれど、その場合本当にテーブルに乗るのかなぁ。それがちょっと心配です。

<この日サジャガーデンでいただいたもの>
ナムルの3点盛り
チヂミ
冷麺

nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

ルタオの黒シフォン [食卓の素(札幌圏の食材)]

ルタオが8月限定で出しているのが黒シフォンと白シフォン。
普通のケーキを1ホール 家族3人で食べるのは難しいけれど、シフォンケーキなら行けるよねという訳で 黒シフォンを買ってみる。
黒シフォン.jpg
黒シフォンは焼きチョコ味らしい。
帰って切ってみると 表面からぱらぱらと焼きチョコが落ちる。中味は普通のクリーム色のシフォンケーキがのぞいている。
普通のシフォンケーキの表面にチョコレートをしみこませて焼きチョコにしてあるのだ。
ぱりぱりとした表面は切るのもちょっと大変。

表面の焼チョコは 焼いてあるのでビターな感じがクローズアップされていて味は私の好み。ふんわりなシフォンにカリカリの物がついているのもちょっと面白い食感。
ただ、食べにくいのだ。切る時に表面の焼チョコが剥離してしまう。それは、フォークで食べやすい大きさにケーキをカットするときも同様。
テーブルなどにもぽろぽろ落としてしまう。
うーん、美味しいだけにちょっと残念。
これは一口サイズのベビーケーキみたいな感じだったらよかったのかも。カットせずにぽいっと口にほおりこめばいいのであれば そのまま楽しめる。
そんなシフォンがあってもいいのにな。

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

手打ちそば きむら [近所の食卓(札幌圏の飲食店)]

道央小旅行 その7

富良野から岩見沢の方に抜けて帰ろう。
岩見沢にある手打ちそばきむらへ。
いつもは開店直後位に行くのだけど、今日は少々遅め。お店の扉を開けると満杯のお客様。それでも、ここが空いているよ!と団体のご家族のお隣をあけてもらって無事座る。
こんなあたりがご近所の美味しい蕎麦屋さんという感じ。
丁度 親戚が揃ったから ほらあのお蕎麦屋さんにお昼ご飯を食べに行こうよっていう図が見える。

この日は暑かったので冷やしとろろそばにしよう。
暑い時期にとろろがたっぷり入ったつゆにおそばを浸してつるんと食べるのは気持ちがいい。
見た目は細いのだけどここは手打ちのしっかりとしたおそば。細めのおそばにとろろがしっかりとからんで ひんやりうまい。
今回の旅は食べすぎたり飲みすぎたりという事はなかったので 胃腸が疲れているという事はなかったのだけど、お蕎麦を食べると いろんなものが収まっていく気がする。

ちゅるんとお蕎麦を食べて、蕎麦湯を飲んだら おうちに帰ろう。
かなり充電された気がする。
今回も良い旅でした。

手打ちそばきむら
岩見沢市元町1条東8丁目38-8
0123-20-1616
11:30-14:30 夜は予約制
月火定休(祝日営業)
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

フラノマルシェ [旅のお話]

道央小旅行 その6

ふらのからの帰りは道の駅に寄って行こうと思っていたのだけど、道の駅で検索しても出てこない。どうしようかなんて話していると、フラノマルシェという物が見えてきた。
面白そうなので行ってみる。

ここは道の駅みたいな産直の食材のお店や、パン屋さん、飲食店などが集まったマルシェ。外にベンチやテーブルセットもあって ソフトクリームなんかを家族で食べている人もいる。いいなぁ この風景。

我々は食材を売っているお店に行こう。
来る途中の畑でよく見たとうきびがあるある。それに今はスイカとメロンがシーズンだね。我が家ではスイカとメロンより とうきび。これは帰ってからおやつに食べよう。
それに今の旬と言えばトマト、そして茄子。茄子はソーセージみたいにひょろんと細長い茄子が白茄子と普通の色のなす両方入っているセットがあったのでそれにする。
ふらのマルシェ.jpg
白茄子は火を通すととろんとろんになって美味しいからねぇ。
トマトも色とりどりが混ざったものを買って、今日の夕食もめどが立った。
こうして産直の食材を買って帰って自宅に食べるというのもいいねぇ。

パン屋さんもあったので、夕食のパンも一緒に購入。
ハード系のパンもありました。
我々には少々皮がやわらかめだったけれど、旅の風景と一緒に買って帰ろう。

さて、食材も仕込んだので お昼ごはんに行きましょうか。

フラノマルシェ
北海道富良野市幸町13-1
9:00~19:00 (GW、6/14~9/23)
10:00~19:00  (それ以外の期間) 
休業日:年末年始など

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

オーベルジュ エルバステラの朝食 [旅のお話]

道央小旅行 その5

朝食も全員揃って8時からスタート。
最初はやっぱり野菜たっぷりのサラダから。
トマトやロマネスコ、かぶなどいろんな種類の野菜を一口サイズにカットしたものの上からベビーリーフを盛り付けて その上から削りたてのチーズがおかかの様にかかっている。
普通ならば 色目の良い諸々の野菜をベビーリーフの上に乗っける所、逆になっているのが面白い。その分、食べていくといろんな野菜が出てくるのが楽しみ。

夕食でも思ったのだけど、トマトはプチトマトも含めてすべてきれいに皮をむいてある。
トマトは皮があるのとないのとでは 口の中に入れた時の食感が全然違う。どうしても皮はぷちっと硬い感じが残ってしまい トマトの甘みがやや少なく感じられてしまう。
プロなんだから当然でしょと言われればそれまでだけど、プチトマトの皮を一つ一つ剥くのって結構大変。それもきれいに剥くとなると本当に大変だと思うのだ。
料理ってそんな一つ一つの手間を惜しむか惜しまないかという所で差が出てくる。トマトの皮はその一例なのだけど、そんな風においしく作ってもらえるのがよく解る。

自家製のピクルスはいろんな種類のピクルスの盛り合わせ。
長芋やインゲン、みょうがなど消しゴムよりも少々小さい位の小さなサイズに切って小さなココット皿に盛り合わせてある。
こんな風に盛り合わせると とっても素敵。多くの種類を少しづつ。そんなピクルスの盛り合わせも可愛らしい。マネしなくっちゃ。

揚げニョッキは いろんな色のジャガイモやかぼちゃを使って作ってある。揚げたものを トマトのソースと一緒にいただく。
エルバステラ朝食.jpg
これは、北海道だと「いももち」として親しまれているものだ。揚げニョッキというと なんだか違ったものに見えてくる。それに、いももちは普通の丸もち位の大きさだけど、揚げニョッキはウズラの卵くらいの大きさ。
やっぱりこのサイズが大事なのだな。

朝食のメインはソーセージ2種とイタリアオムレツ、いろんな焼き野菜の盛り合わせ。
朝からかなり皿数も多いと思うのだけど、野菜が中心なので全体に軽くて するんと食べられてしまう。

本当にここは野菜をたっぷりと食べられて 体がきれいになった気がする。
ゆったりとした非日常の空間で 美味しくて体に良いものを食べられるというのはなんと幸せな事か。
たっぷりと時間を使って食事を楽しみました。


<エルバステラの朝食>
新鮮野菜たっぷりのシーザーサラダ
自家製ピクルス
色とりどりのニョッキ 
ビシソワーズ
チョリソーとソーセージ、イタリアオムレツ、焼き野菜の盛り合わせ
自家製パンの盛り合わせ
フルーツヨーグルト

エルバステラ
北海道中富良野町鹿討農場
0167-44-3671
チェックイン 16:00〜

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

オーベルジュ エルバステラの夕食 [旅のお話]

道央小旅行 その4

さてさて、レストランに降りて食事にしましょう。
ここでは 食事の時間は3組とも同時スタートで18:30~と決まっている。そこから時間をかけて料理をいただく。

アミューズはカクテルグラスに入ったムース。
カリフラワーの白の上にパプリカの橙が重なって カリカリに焼いた薄焼きパンがアクセントになっている。
ぽってりとしたムースはパプリカそのものを食べるよりもパプリカっぽい。一口の中にパプリカをぎゅっと詰めたものが広がるからだろう。
これから野菜を沢山食べていただきますのでというお話に心躍る。

前菜は野菜をトマトのジュレでセルクルでまとめたもの。
エルバステラ夕食.jpg
透明のジュレがキラキラと光り、その中にカリフラワー、トマト、ロマネスコを小さくカットしたものが入り 宝石箱みたい。透明のジュレは強烈にトマトの香りと味がする。トマトというと 赤いものを想像してしまうけれど、トマトの味と香りがあの赤に由来するのではないのだろうな。トマトの中心部の種とその周りのちゅるんとしたところを なめらかにして食べている雰囲気。
野菜のゆで方もちょっと硬めで 歯ごたえを楽しめる。こりこり、ぽりぽりと野菜をかじるのもまたいいのだ。
私はこの前菜が一番印象的だった。

お魚料理はヒラメのスープ仕立て。
スープ仕立てといっても、スープはサラサラのソースといった位置づけ。貝などを使ってとったという透明のスープは非常に軽くて日本の出汁を思わせる。
お皿にそのスープを張った上に 皮目をぱりっとやきめを付けたヒラメを置いてある。塩が控えめで 野菜をはじめとする食材の味が立つところも和食っぽい。
オリーブオイルを使ってあったり、料理方法はイタリアンなのだけど、とても軽くできている。

食材は自家農園を中心に、近隣の農家さんの農作物を使っているという。新鮮な野菜がとっても素敵なおさらに仕上がっている。
全体に野菜たっぷり お肉やお魚は控えめで、料理はゆっくりと3時間ほどかけていただく。フルコースを食べ終わっても おなかがはち切れそうという程ではなく 我々にはちょうど良い量でした。


<この日のエルバステラの夕食>
アミューズ:パプリカとカリフラワーのムース
前菜:いろいろ野菜とトマトのジュレ
パスタ:手打ちパスタ
魚:ヒラメのスープ仕立て
肉:ふらの和牛イチボとお野菜
ドルチェ:フルーツエンドウのティラミスとアイス

エルバステラ
北海道中富良野町鹿討農場
0167-44-3671
チェックイン 16:00〜

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

オーベルジュ エルバステラ [旅のお話]

道央小旅行 その3

今回の大きな目的の一つがオーベルジュ エルバステラへの宿泊
中富良野の畑が広がる中に立っているのがオーベルジュ エルバステラ。
自家菜園の中に立っている様子は ヨーロッパのオーベルジュみたいな雰囲気。ただし、周りの畑は発展途上の所もあり 窓からの風景はこれから開拓しますという雰囲気の所もあるのがご愛嬌。

ここは部屋数3つのオーベルジュ。
建物に入ると、ちょっとしたホールになっていてそこにテーブルとイスが配されている。その奥に小さく区切られたソファーとテーブル。最初はそこで手続きを行います。
同じ時間帯に残りの2組も到着したようで、この2組はテーブル席に案内されて 宿帳の記入などをされていました。
その後の説明でわかったのは、最初に入ってきたホールがそのままレストランになるという事。よく見ると、カウンターの奥に厨房施設が見える。しかし、最初ぱっとみた目にはレストラン然とはしていないので驚く。

建物の周りに沿うように らせん状に続いた階段にそって客室の扉が並んでいる。
我々は3人だったのだけど、2人対応のお部屋が2つとメゾネット式でベッドルーム2つのお部屋が1つ。2人用の部屋はエクストラベッド対応はできないそうなので、この4人用の部屋に宿泊。
非日常を体感してほしいという意向で 室内にテレビは無し。我々の部屋は 天井が高く 天窓も3つほどついていた。全体に分厚い壁で窓は小さ目。その分 高い位置の窓が多くて 採光には全く問題なく 部屋の中は光があふれている雰囲気。窓が小さいのは北国北海道では暖房効率を高めるために必要な事。

お部屋には、オーナーが厳選した北海道産コスメや、レギュラーコーヒーのセットなども置かれている。家具も木目を基調にしたもので とても気持ちの良いもの。
難点と言えば、お部屋でお湯を使うと結構大きな音がする。近くで車がエンジンをふかしているといった感じの音。多分ボイラーの音なのだろうな。

それでもゆったりとしたソファーに座って CDを聞きながら 天井から降り注ぐ光を楽しむのはなかなか気持ちの良いもの。
CDはフロントで貸してくれるのだけど、自分の好きなものを持ってきてもいいな。

オーベルジュなので 普通の宿泊施設みたいなサービスは無いのだけど、気持ちの良い空間が出来上がっていた。
さて、シャワーを浴びて 夕食に備えましょうか。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

ニングルテラスと森の時計 [旅のお話]

道央小旅行 その2

ホテルのチェックインまでは時間があるので 途中でいろいろ寄り道を。
富良野プリンスの前にあるニングルテラスへ。
ここはニングル(小人)がいる森の中に 小さなお店が点在している。お店とお店の間はウッドデッキで結ばれていて その木製の足場を伝いながら 森の中を歩く。
ろうそくやオルゴール、切り絵細工、木工細工、皮細工、金属細工などの小物が売っているお店。1つのお店は畳3畳ほどの小さなスペースで そこに店員さんが1人、小さな商品の陳列棚があるといったところ。
うっそうと茂った森の中は 昼間でも少々暗めで 歩いているとニングルが出てきそう。お店も「すぐに戻ります」という看板がかかってしまっているお店があったりして なんだか自由な雰囲気。

こういう所はお財布のヒモが緩くなったりしがちなので、我慢我慢。
一番我慢したのは雪の結晶をモチーフにしたアクセサリーなどを売っているお店。雪の結晶のネックレスやブレスレットが可愛らしくて 思わず手をだしそうになったけれど、我慢だと言い聞かせる。
多分私はあの多角形のシンメトリー構造が好きなのだな。それに、小さいころは全く見たことが無かった雪への憧れという物が根強く残っているのだな。今は毎年こんなに囲まれて過ごしているというのに 小さいころの憧れというのもはそのまま残っている。

ニングルテラスを抜けた先にあるのが森の時計
倉本聰さん脚本のテレビドラマのロケ地をそのまま喫茶店として営業を続けているお店。残念ながら私はその番組は見ていなかったのだけど、本当にそのままらしい。
作品内で コーヒー豆を自分で引いて入れてもらうという設定通り 今もカウンター席では1人分づつ自分で豆をひいて淹れてもらう。
我々は3人だったので ホール席にした。
ここではチョコレートケーキもあったので ケーキセットでいただく。

チョコレートケーキは3種類。
初雪、根雪、雪解けと名付けられたもの。
初雪は 濃厚なガトーショコラの上にうっすらと粉砂糖がかかっている。真っ黒で滋養あふれる土の上にうっすらと雪が降り積もった感じ。
森の時計.jpg
根雪はクルミを加えたホワイトチョコレートベースのムースの上にさらに粉砂糖がたっぷりとかかったもので 全体に真っ白。クルミのちょっと濃いベージュが雪に混ざった小石などの様に見える。
雪解けはチョコがナッシュとスポンジケーキを層にしてあって スポンジのクリーム色の部分が多くて、春が近い雰囲気。

もともとチョコレートケーキが好きなのだけど、こんな趣の異なった3種類のケーキがあるというのが面白い。
我々はちょうど3人だったので、一つづつ頼んで それぞれを味わってみる。
それもまた楽しい。

コーヒーはそれぞれ異なったカップで出されるのだけど、どれも白地に青で模様を描かれた陶器を使っているので なんとなく統一感がある。
香り高く淹れられたコーヒーを飲みながら 窓の外の森を眺めていると、テレビドラマを知らなくても 物語が広がっていきそうな気がする。

ゆったりとした時間が流れているお店でした。

森の時計
新富良野プリンスホテルの敷地内
0167-22-1111(予約不可)
12:00~20:00L.O.

nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。