So-net無料ブログ作成

パティスリー アルビ [近所の食卓(札幌圏の飲食店)]

ご無沙汰しておりました。
私が一番好きな大通りのイベント オータムフェストが始まり、旅にも出ていたりと いろいろな事があって語りたい事は山ほどあるのですが、絵と文章が追いついておりません。

ひとまず本日は新しいパティスリーのお話を。

我々が長い事お邪魔しているオーセンティックバーのバー・プルーフからこのたびパティスリーを開店いたします。というご案内を貰って驚きました。バーとパティスリー?と結びつかなかかったのでした。

ただ、よく聞いてみると 以前プルーフで働いていた方がパリの名店やジュエル・ロブションでパティシエとしての修行をされて札幌に戻っていらしたという事や、プルーフのマスターはお菓子屋さんの息子さんだったという事で いつかはパティスリーを開きたいという気持ちがあって自然なながれだったのだとか。

バー・プルーフが開いたパティスリーという事もあって、店内には洋酒が飾ってあったり、カクテルをイメージしたマカロンや、洋酒をたっぷり使ったケーキなど 酒飲みにもスィーツ好きにも楽しめる感じ。
もちろん、お酒を使っていないケーキもあるので、アルコールがだめな方も大丈夫。

私がいただいたのはフランボアーズのカクテルをイメージしたもの。
相方が選んだのはガリアーノ。これらはお酒をたっぷり使ってあるとはいっても、ブランデーケーキの様なアルコール感がすごくするというものではなく、ケーキとしてまとまった味わい。
面白かったのが、私のフランボワーズにはフランボワーズのコンフィチュールが中に鋳込まれているのだけど、これがそれだけで食べると結構酸っぱい。全体を一緒に食べると 甘い味わいと酸っぱい味わいが一体となってやってくる。しっかりとした酸味があるというのはちょっと大人のケーキというかんじがする。

ケーキの種類なども今後増やして行く予定という事なので、ちょっと楽しみ。

パティスリー アルビ
011-699-5303
札幌市中央区大通西24丁目パレンテ1F
11:00−20:00 
火曜定休

ケニーヒスクローネ [遠くの食卓(国内の飲食店)]

デザートは何にしようかといろいろ考えながら歩いて、結局は札幌ではなかなか見かけないケニーヒスクローネに引き寄せられる。
ケニーヒスクローネだったらはちみつアルテナというケーキが有名なのだけど、暑かったのでカップケーキに目が行ってしまった。
またしても カップケーキを購入。
ケニーヒスクローネ.jpg
クリアカップにパフェの様にスポンジとクリームが積み重なったケーキは 持って帰るのにも気兼ねが要らないし、ひんやり冷やして食べると美味しそう。
ホテルに帰って お風呂上りのスィーツとして楽しもう。

私はこんな時の為に 出張の時には好みの飲み物セットを持って行っている。1杯ずつのレギュラーコーヒーやほうじ茶やアールグレーのティーバックなど これがあるだけでほっとするのだ。
ホテルでシャワーを浴びて パックなんぞを済ませた後に お湯を沸かしてデザートをいただこう。

ホテルの冷蔵庫でひんやりと冷えたカップケーキはチョコスポンジやクリーム、カスタードの上にイチゴやキゥイ、パインなどのフルーツがトッピングされている。
フルーツの甘酸っぱい味を楽しみつつ、底までスプーンですくっていくと どんどんといろんな味が出てくるの。カップケーキは上に向かって いろんな味が積み重なっているのでなんだかとてもお得な気分。
ちょいとだらしない恰好をしていただくケーキはまた格別。
淹れたてのコーヒーと一緒に、だらーんと堪能。

さて、明日はしゃっきりと仕事しなくっちゃね。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。