So-net無料ブログ作成

お屠蘇 [おうちの食卓]

お正月と言えばお屠蘇。正月のお買い物メモにも屠蘇散が欠かせない。
結婚した年の暮れに購入した屠蘇器をこの時だけのために出してお屠蘇を作る。
まだまだトータルで数十日ほどしか使っていない屠蘇器なので年季が入っていないが、
自分で気に入って買った南天柄がいとおしい。暮れに戸棚から出すと、そうそう今年も
そんな時期になりましたと言う気になる。
屠蘇器.jpeg
以前はお屠蘇ってそれ程好きではなかったけれど、今は結構好き。というのも、
ちゃんと美味しいみりんを使って作るので美味しいのだ。

我が家には普通のみりんと美味しいみりんの2つがある。普通のみりんというのは
プラスティックのボトルに入ってキャップが赤いみりん。(みりん風調味料ではない。)
もう一つは三河みりんに代表されるような本格みりん。ちょっと話はお屠蘇からずれて
しまうけれど、良い調味料を使うと料理のランクがぐっと上がる。料理酒も合成酒では
なく、清酒を使う事でできが違う。ただ、良い調味料はそれなりのお値段もするので
大量に使うときと味決めの時で調味料を変える。本当は美味しい調味料1本にしたい
のだけど、それほど度胸もないのだ。

話は戻ってお屠蘇。これは全てそのまま飲む物なので美味しいみりんだけを使う。
12月にはいるか入らない頃に美味しいみりんの残りを確認して、残りが少ない場合は
美味しいみりんもお買い物メモに入れなくてはいけない。日本酒と美味しいみりんを
混ぜた物に屠蘇散を一晩つけてできあがり。正月3が日にちびちびと呑む。食事の前の
家族全員でいただく以外にも飲む。

この甘くて和ハーブの香り一杯のお酒を飲むと、新しい年になったのだと言う気持が高まる。
やっぱりこれを飲むときにはだらっと飲まずに、しゃきんと背筋が伸びる。
さて、今年の抱負でも考えようか。

nice!(2)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 2

コメント 4

涼

あけましておめでとうございます。
クリスマスからの美味しい記事を
楽しませて頂きました♪

その後で、今回は背筋を伸ばしたくなるような記事。
漢字が「おとそ」って最初は絵で何となく
分かったのですが、みりんとの結びつきが
分からなくて調べました。

「和ハーブの香り」って表現がとっても
よく分かりましたし、綺麗ですね!

あー、本当に私は色々知らないなぁ。
幸福もんさんのところでいつも勉強になります。

こうやって、今年も楽しい時間が持てると思うと
ワクワクします。
どうぞ今年もよろしくお願いします。

by 涼 (2010-01-04 21:13) 

幸福もん

>涼さん
あけましておめでとうございます。
いつもいらしていただき、嬉しいコメントをありがとうございます。
お屠蘇ってお正月だけですし、自宅だけで作る物なので
なかなか話題にしないですよね。
でも、みりんとお酒で作ると美味しいですよ。ホントに。
今年もよろしくお願いいたします。
by 幸福もん (2010-01-04 23:24) 

miopapa

新年
 明けまして おめでとうございます

 昨年は、本当に有り難うございました。
 仕事のことや雪のせい?もあって
 ようやく今頃まとめてお伺いをしている次第です。
 こんなづぼらな奴ですが、
 今年もどうか宜しくお願いいたします!

by miopapa (2010-01-06 16:17) 

幸福もん

>miopapaさん
あけましておめでとうございます。
こちらこそよくお越しいただき有り難うございました。
nice!やコメント励みになっています。
今年もよろしくお願いいたします。
by 幸福もん (2010-01-07 23:41) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。